ポーカー 役ができる確率

カジノゲーム確率ポーカー

ポーカーで役ができる確率

ジョーカーを除く52枚のトランプから、5枚のトランプを選ぶ組み合わせは全部で2,598,960通りあります。
その中で実際に役ができる組み合わせと確率は以下の通りとなります。
カリビアンスタッドとテキサスホールデムでは、組み合わせの数と確率が変わってきます。

カリビアンスタッドの場合

成立役 組み合わせ(通り) できる確率
ハイカード 1,302,540 50.12%
ワンペア 1,098,240 42.27%
ツーペア 123,552 4.750%
スリーカード 54,912 2.11%
ストレート 10,200 0.39%
フラッシュ 5,108 0.20%
フルハウス 3,744 0.14%
フォーカード 624 0.024%
ストレートフラッシュ 36 0.0014%
ロイヤルフラッシュ 4 0.00015%
カリビアンスタッドのように、トランプ5枚の場合の組み合わせの数と確率はこのようになっています。
この表を見てみると、2回に1回以上の確率でハイカードとなり、役ができてもワンペアがほとんどです。
ツーペア以上の役は5%以下と、かなりの低確率となっています。

テキサスホールデムの場合

成立役 組み合わせ(通り) できる確率
ハイカード 23,294,460 17.41%
ワンペア 58,627,800 43.82%
ツーペア 31,433,400 23.50%
スリーカード 6,461,620 4.83%
ストレート 6,180,020 4.62%
フラッシュ 4,047,644 3.03%
フルハウス 3,473,184 2.60%
フォーカード 224,848 0.168%
ストレートフラッシュ 37,260 0.0279%
ロイヤルフラッシュ 4,324 0.00323%
テキサスホールデムのように、トランプ7枚の場合の組み合わせの数と確率はこのようになっています。
カリビアンスタッドと比べると、ワンペアの方がハイカードよりもできる確率が高いことがわかります。
ハイカードが17%と、7枚配られた場合は5回中4回は役が成立するので、大体何らかの役が成立する。

ポーカー関連記事

テキサスホールデムのルールや遊び方についてはこちら
オマハのルールや遊び方についてはこちら
3カードポーカーのルールや遊び方についてはこちら
カリビアンスタッドのルールや遊び方についてはこちら
OFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)のルールや遊び方についてはこちら
日本全国のアミューズメントカジノ店検索はこちら

Review [product_name].

メールアドレスが公開されることはありません。

アミューズメントカジノ(バイト・正社員)求人情報はこちら