OFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)のルール・遊び方

カジノゲーム ルール・遊び方ポーカー

BACKDOOR 店内

出典:東京BACKDOOR

OFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)とは…

最大で3名まで同時プレーが可能です。
配られたカードを上の写真のように上段3枚、中段5枚、下段5枚に置いていきます。
上段<中段<下段の順に役は強くなっていかなければならず、これが守られていないと負け(バースト)となってしまいます。
それぞれできた役で勝敗を決め、さらにできた役に応じてロイヤリティがあります。
場所によってはジョーカーを入れて行う場合もあり、より高得点を狙うことができる。

OFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)の流れ

ホールデムやオマハと同じように、ディーラーボタンを決めます。その後ディーラーボタンの左隣りの方から順番に5枚配られます。
5枚のカードを好きなように並び替えて置きます。一度置いてしまったカードは移動させることはできません。
ディーラーボタンの左側の方から置いていき、ディーラーボタンの方は最後にカードを置きます。
全員が置いた後、3枚ずつカードが配られます。その内2枚を置き、1枚を裏向きのままディーラーへ返します。それを場に13枚並べる終わるまで続けます。
上段は上段、中段は中段、下段は下段で、成立した役で勝敗を決めます。
1勝で1点、全勝すると得点が2倍になります(上段勝ち、中段負け、下段勝ちの場合は2勝1敗で1点、全勝で3点×2倍=6点)。
そのあとで成立役でのロイヤリティがもらえます。

ロイヤリティについて

【上段】
・66 : 1点
・77 : 2点
・88 : 3点
・99 : 4点
・TT : 5点
・JJ : 6点
・QQ : 7点
・KK : 8点
・AA : 9点
・222 : 10点
・333 : 11点
・444 : 12点
・555 : 13点
・666 : 14点
・777 : 15点
・888 : 16点
・999 : 17点
・TTT : 18点
・JJJ : 19点
・QQQ : 20点
・KKK : 21点
・AAA : 22点

【中段】
・3カード : 2点
・ストレート : 4点
・フラッシュ : 8点
・フルハウス : 12点
・4カード : 20点
・ストレートフラッシュ : 30点
・ロイヤルフラッシュ : 50点

【下段】
・ストレート : 2点
・フラッシュ : 4点
・フルハウス : 6点
・4カード : 10点
・ストレートフラッシュ : 15点
・ロイヤルフラッシュ : 25点
・※5カード : 100点

ファンタジーランドについて

上段にQQ以上で成立させると、次回ゲームにファンタジーランド(確変のようなもの)に突入します。
ファンタジーランドでは、14枚のカードが一度に全て配られ、そのカードを好きなように並び替えて置くことができる。その際他の方にカードが見られないように違うテーブルで並べるか、見えないようにブラインドを置いて並べる。
上段に3カード、または中段にフルハウス以上、下段に4カード以上のどれかが成立すると、ファンタジーランドが継続し、次回ゲームもファンタジーランドとなる。

プログレッシブについて

OFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)のやり方の中にプログレッシブルールがある。
このやり方は、基本的には通常のOFC(オープンフェイスチャイニーズポーカーパイナップル)と同じであるが、ファンタジーランドが変わってくる。
通常はQQ以上で成立すると次回ゲームファンタジーランドで14枚配られるのですが、ファンタジーランドの枚数が突入した役で変わってくる。
QQで14枚、KKで15枚、AAで16枚、3カードで17枚配られます。継続条件も通常とは違い、上段に3カード、下段に4カード以上のどちらかを満たすと、次回ファンタジーランドも突入した枚数で継続する。
AAのファンタジーランドは継続率が30~40%、3カードのファンタジーランドは継続率50%オーバーと言われており、高得点が期待できる。

Review [product_name].

メールアドレスが公開されることはありません。

アミューズメントカジノ(バイト・正社員)求人情報はこちら