『モリーズ・ゲーム』ポーカーが題材の実話映画、全国各地の映画館で絶賛上映中!!

カジノニュースポーカー, モリーズ・ゲーム

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

モリーズ・ゲームのあらすじ

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

オリンピック選手候補のトップアスリートだったモリー・ブルームが、26歳でアスリートを引退したのち、セレブが集う高額ポーカールームの経営者に。
アメリカで一大スキャンダルを巻き起こした驚愕の実話が待望の映画化。

オリンピックを目指していたアスリート時代

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

2002年の冬季オリンピック予選の最終戦、女子全米3位のモリー・ブルームは、オリンピック出場を目前にしていました。
幼いころからひたすらに練習を重ね、度重なるケガを乗り越えてきました。
コロラド大学を主席で卒業しているモリー・ブルームは、オリンピックで金メダルを獲得し、会社を設立するという人生設計をしていましたが、1本の松の枝が彼女の人生設計を変えてしまいます。
枝にぶつかりスキーの板が外れて転倒し、アスリートとしてのモリー・ブルームの人生は終わりを迎えます。

ポーカーとの出会い

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

2002年、転倒のケガから回復したモリー・ブルームは、ハリウッドのクラブでウエイトレスとして働き始める。
ある日、クラブの常連客であるディーン・キースから雑用係としてスカウトされ、彼が毎週火曜日に主催するポーカーのお手伝いをし始める。
参加費は最低でもなんと1万ドルというスーパーハイローラー。
そこでは、ハリウッドスターや映画監督、大物実業家、一流スポーツ選手などなど、大金持ちの有名人ばかりが集まりポーカーをしていました。

セレブが集う高額ポーカールームのオーナーに

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

2005年、様々なセレブとポーカーを通じて交流していたモリー・ブルームは、突然ディーン・キースからクビを言い渡されてしまいます。
そこでモリー・ブルームは、プレイヤーXと密かに計画していた自分が経営するポーカールーム、”モリーズ・ルーム”をオープンする。
そこは最低の掛け金が1万ドル、オーナーであるモリー・ブルームからの招待がなければ、どれだけ大金を積んでも覗くことすら許されない、まさに選ばれたセレブのみが参加できるポーカールームとなっていました。
順調に運営していきますが、2012年にあることがきっかけとなりプレイヤーXと決裂してしまい、”モリーズ・ルーム”は閉鎖、全財産を没収されてしまいます。

FBIからの逮捕状

出典:モリーズ・ゲーム公式HP

2014年、回顧録である「モリーズ・ゲーム」を出版し、サイン会を終えた夜、突然携帯電話が鳴る。
連絡してきたのはFBI。違法賭博の容疑でモリー・ブルームは逮捕されてしまいます。
彼女の弁護人になったのは、チャーリー・ジェファー。当初雇おうとした弁護士から、検察官の経験があり、かつ完全に潔白の人として推薦されました。
チャーリー・ジェファーは、当初モリー・ブルームとマフィアとの繋がりを疑っており、弁護を断りますが、次第に彼女の人間性に心を打たれ、弁護人をひきうけるのでした。
果たして、モリー・ブルームは無罪を勝ち取ることはできるのでしょうか!?

さいごに

この映画の見どころは、

・トップアスリートから、なぜ全く違う世界へ身を投じたのか!?
・500万ドル近くの大金を手にして、それを全て失ってしまったのか!?
・FBIがモリー・ブルームを逮捕する本当の目的は!?
・モリー・ブルームの本当の姿とは!?
・モリー・ブルームは無罪を勝ち取ることができるのか!?

大まかにまとめるとこのような内容になります。
実話をもとに作られた映画というだけありまして、ストーリーが非常に面白い。
ポーカーが出てくるので見てみましたが、ポーカーを知らない方が見ても、単純に映画として非常に楽しめる作品ではないでしょうか。
カジノ法案でもポーカーが解禁となる方向に進んでおり、ますます認知度・注目度が高くなってくるであろうこのポーカーというゲーム。
今後も要チェックですね(*’ω’*)

モリーズ・ゲーム予告映像はこちら

Review [product_name].

メールアドレスが公開されることはありません。

アミューズメントカジノ(バイト・正社員)求人情報はこちら