ブラックジャックのルール・遊び方

カジノゲーム ルール・遊び方ブラックジャック

秋葉原カジノクエスト 店内

出典:秋葉原カジノクエスト

ブラックジャックとは・・・
プレイヤーに配られたトランプの数字を足した合計が、ディーラーよりも21に近ければ勝ちとなるゲームです。
カードの数の計算方法は、2~9は数字通り、10,J,Q,Kは全て10、A(エース)は1か11どちらか選択して数えます。

基本的なゲームの進行方法

プレイヤーがチップを賭けた箇所に、ディーラーがそれぞれ2枚ずつカードを配ります。
ディーラーのカードは、1枚目は表向き、2枚目は裏向きにします(ディーラーが2枚目を引かないルールもあります)。
プレイヤーは自分のハンド(配られた2枚のカード)を見て、カードを追加したい場合はヒットと言い、そのままの場合はステイ(若しくはスタンド)と言います。
その際カードの数字を数えて、22以上を超えてしまうとその時点で負け(バースト,バスト)となり、ベットしたチップを没収されてしまいますので、注意が必要です。
プレイヤーのアクションが終了したらディーラーのカードをオープンします。
ディーラーは、数字の合計が17以上になるまで必ずカードを引かなければならず、17以上になったらそれ以上カードを引くことができません(ソフト17は引くルールがあります)。
ディーラーの数字の合計と比べて21に近ければ、若しくはディーラーがバーストして自分がバーストしていなければ、数字の合計問わず場にチップが残っている限り、ベット額の等倍の配当をもらえます。

特殊ルール

ブラックジャックではある状況下で、特別ボーナス金を獲得できたり、プレイヤーの有利にゲームを進めることができます。
これらの特殊ルールをうまく活用して、チップの大量獲得を目指しましょう。

ブラックジャック

最初に配られた2枚のカードがA(エース)と10,J,Q,Kだった場合、ブラックジャックとなりましてその時点で勝ちとなり、ベット額の1.5倍の配当をもらえます。
ハウスルールによっては、スペードのA(エース)とJでのブラックジャックは純正ブラックジャックとなり、通常よりの多くのチップをもらえる場合もあります。

ダブルダウン

2枚のカードの合計が11以下の時、カードをあと1枚しかヒットできないという条件で今ベットしている金額を2倍にすることができます。
カードが配られてからベット額を増やせる唯一のアクションとなっております。
ハウスルールによっては、11の時しかできない、またはカードの合計が11以上でもできる所もあります。

スプリット

配られた2枚のカードの数字が同じ場合、ベット額と同額を支払えばそれぞれ別のゲームとしてプレーできます。
スプリットしたカードは、それぞれ2枚目のカードが配られ、ヒットやステイ、もしくはダブルダウンをすることができる。
A(エース)のスプリットの場合は、それぞれヒットはダブルダウンはできず、強制的にステイとなります。また2枚目のカードがT,J,Q,Kの場合もブラックジャックにはならず、21扱いとなります(T,J,Q,Kのスプリットで2枚目にAが来た場合でも同じ)。
ハウスルールによっては、TとJ、QとKのように10として扱う2枚の場合でもスプリットできる場合もあります。

サレンダー

配られた2枚のカードを見て、ベット額の半額を支払えば勝負を降りることができます。
ハウスルールによって、サレンダーをプレーヤーのアクションを聞く前の場合か、自分の番になってからできる場合があります。

インシュランス

ディーラーの表向きのカードがA(エース)の場合のみでき、プレーヤーのアクションを聞く前にすることができます。
ディーラーが裏向きのカードを確認して、T,J,Q,Kだった場合はディーラーがブラックジャックとなり、その時点で負けてしまいます。
ディーラーが確認する前にベット額の半分を支払うことで、自分のカードに保険をかけることができます。
保険をかけた場合でディーラーが裏向きのカードを確認し、もしブラックジャックだった場合はベット額を取られません。
もしブラックジャックではなかった場合は、インシュランスでかけた額が取られ、それぞれアクションを聞いていきます。

イーブンマネー

ディーラーの表向きのカードがA(エース)の場合のみでき、尚且つ自分がブラックジャックの時、プレーヤーのアクションを聞く前にすることができます。
ディーラーが裏向きのカードを確認して、T,J,Q,Kだった場合はディーラーがブラックジャックとなり、その時点で引き分けとなってしまいます。
ディーラーが確認する前に、ベット額の等倍の配当をもらい、ゲームを終了することができる。

覚えておきたい用語

ヒット:カードを引くこと(手でテーブルを2回叩く)
ステイ(スタンド):そのままのこと(手を横に振る)
バースト(バスト):カードの合計が22以上になること
ソフト~:A(エース)を含んだ数字の合計(例:ソフト17→A(エース)と6)
ハード~:A(エース)を含まない数字の合計
フェースカード:ディーラーの表向きになっているカードのこと

ブラックジャックの関連記事

ブラックジャックの戦略や攻略法はこちら
ブラックジャックのベーシックストラテジーについてはこちら
日本全国のアミューズメントカジノ店検索はこちら

Review ブラックジャックのルール・遊び方.

メールアドレスが公開されることはありません。

アミューズメントカジノ(バイト・正社員)求人情報はこちら